2020.07.18 Saturday

自分のちょうどいいへ

2020年7月18日は、

現代版マヤカレンダーでは、

 

KIN111「7(共振)青い猿ー赤い蛇」
 

【銀河の音7】

  ・意識が大きく変化する

  ・調整の力が働く

 

【青い猿】

  ・目の前の出来事に一喜一憂しない

  ・個々の質的な部分を問われる

 

【赤い蛇】

  ・本当のことが見えて来る

  ・根本的な部分と向き合う

 

 

2020/7/12(日)KIN105〜2020/7/24(金)KIN117まで「赤い蛇」のエネルギーが続きます。

「現代版マヤカレンダー2020」をお持ちの方は103ページのメッセージもご覧ください。

「現代版マヤカレンダー情報ダイアリー2020」より引用。Amazon でも販売中
 ※こちらに記載しております解釈は、 ホゼ・アグエイアス博士が作り出された「13の月の暦」を

基にした、あすわオリジナル解釈です。 あすわスクール生以外の方の転載やコピー不可です。

 

 

 

 

 

変容の52の周期に入り、7日経過しました。

2020年は、私達の知覚外で振動の変化が起こる年だと

アルクトゥルス宇宙情報講座にて、秋山先生が発信してくださり、

オンラインで受けてくれて友人と、感想のシェアを兼ねてランチへ。

 

 

 

 

 

 

 

予約無しでは入れない地元の新しいカフェ。

この日はダメ元で行くと、離れを開けてくれ無事入店☺

ここは日本かい?と見間違うかのような中庭😄

 

 

 

話は意識のこと、日常から動かせるエネルギーのこと、

地球の未來のこと、その他色々。

銀河のマヤのお話会も開催出来そうです。

 

 

彼女も私も親となり、大人として

親の立場としても、知って欲しいことは沢山あります。

そうなのよ、本当に。

 

 

 

赤い蛇のキーワード、

「本当のことが見えて来る」「根本的な部分と向き合う」

 

私たちの日常だけでなく、社会全体にも作用しています。

巻き起こっている、展開されている出来事をしっかり見つめて

行動したいですね。

 

 

ネガティブに捉えがちなことも、その本質の部分が何であるか?を

見聞きしつつ、感じて行きたいものです。

 

 

個人的には、SNSと少し距離を置いて、

オンラインやネットと

快適な距離感をはかる真っ最中です。

 

 

人と繋がるには便利なアイテムですが、

更新に必死になる必要もないし

使うことに重くなる必要もないし

私のちょうどいいを見つけていきます。 

 

 

 

今日も素敵な1日をお過ごし下さい。

それでは、また😉

 

 

🌱🌱🌱🌱🌱🌱🌱🌱🌱🌱🌱🌱🌱🌱🌱🌱🌱🌱🌱🌱🌱

 

私、西田のマヤセミナー、マヤ個人セッションの

ご予約・お問い合わせは

 

てんこのマヤページ…http://tenko-maya.com/

メール…tenkomaya243@yahoo.co.jp  

 

🌱🌱🌱🌱🌱🌱🌱🌱🌱🌱🌱🌱🌱🌱🌱🌱🌱🌱🌱🌱🌱

 

2020.07.06 Monday

着々と修正へ

 

 

こんにちは。

 

雨も続いて強風吹き荒れる関西、如何お過ごしですか。

 

 

 

 

 

今年は例年以上に!

 

銀河のマヤカレンダー情報ダイアリー2020」が

 

大好評💮💮

 

 

 

 

 

 

かなり早い段階で、販売元のあすわで完売となり、

 

私の手元にあったラスト一冊も、昨日発送を済ませました。

 

また一人、銀河のマヤの周期にワクワクして下さる

 

銀河女子の誕生です🙆

 

 

 

あすわオリジナルの各マヤカレンダー、

 

まだ在庫がある場合もありますので、

 

諦めずに一度ご連絡下さいね🎵

 

(もしかするとカレンダーリーダーの手元に在庫があるかも!です✋)

 

 

 

 

 

お問い合わせ:tenkomaya243@yahoo.co.jp  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2020年7月6日は、

現代版マヤカレンダーでは、

 

KIN99「8(銀河)青い嵐ー黄色い人」
 

【銀河の音8】

  ・いつになく考えたり話込んでしまったり

  ・再確認の力が働く

 

【青い嵐】

  ・本来あるべき状況へと動く

  ・強い軌道修正

 

【黄色い人】

  ・活路がひらける

  ・より良い未来が見えて来る

 

 

 

2020/6/29(月)KIN92〜2020/7/11(土)KIN104まで「黄色い人」のエネルギーが続きます。

「現代版マヤカレンダー2020」をお持ちの方は98ページのメッセージもご覧ください。

「現代版マヤカレンダー情報ダイアリー2020」より引用。Amazon でも販売中
※こちらに記載しております解釈は、 ホゼ・アグエイアス博士が作り出された「13の月の暦」を

基にした、あすわオリジナル解釈です。 あすわスクール生以外の方の転載やコピー不可です。

 

 

 

 

 

 

8月に開催する予定だったイベントが

 

中止になってしまいました😢

 

コロナ禍で「強制終了」となったことも多くありますが、

 

個人的に「修正」が発動された感覚が近かったりします。

 

 

 

 

 

少し時間はかかったけれど、キツイこともあったけれど、

 

よくよく客観視できたコト、

 

深掘り出来てなかったコト、

 

自分自身が快適でいるコト…などなど。

 

 

 

 

 

私達は「個」で物事を捉えがちだけど、

 

これは「全体」の問題だと思えます。

 

 

 

力を合わせるコトとは何なのか、

 

リレーションとは何なのか、

 

私の中で「本来あるべき状況へと動く」エネルギーは

 

作用しているようです🎵

 

 

 

 

 

今日も素敵な1日をお過ごし下さい😉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:今日のキーワード

JUGEMテーマ:日記・一般

 

 

 

2020.05.23 Saturday

デンドロビュウム・キンギアナムさん

 

 

2020年5月23日は、

現代版マヤカレンダーでは、

 

KIN55「3(電気)青い鷲ー赤い空歩く人」
 

【銀河の音3】

  ・意識が大きく広がる

  ・あらゆる要素のつながる力が働く

 

【青い鷲】

  ・展望が開ける

  ・あらゆる見当がついてくる

 

【赤い空歩く人】

  ・飛躍のヒントを得る

  ・現状から1段階レベルアップを促される

 

 

 

2020/5/21(木)KIN53〜2020/6/2(火)KIN65まで「赤い空歩く人」のエネルギーが続きます。

「現代版マヤカレンダー2020」をお持ちの方は89ページのメッセージもご覧ください。

「現代版マヤカレンダー情報ダイアリー2020」より引用。Amazon でも販売中
※こちらに記載しております解釈は、 ホゼ・アグエイアス博士が作り出された「13の月の暦」を

基にした、あすわオリジナル解釈です。 あすわスクール生以外の方の転載やコピー不可です。

 

 

 

 

 

 

ご自宅で、銀河のマヤのメッセンジャー秋山先生の講座が聴ける、

千載一遇のチャンスを、どうかお見逃しなく!!!

 

 

 

 

 

 

 

<動画再配信決定!>

 

5/2(土)にライブ動画配信をした映像を、何度でも

繰り返しご覧頂けます。また、ご家族でご一緒にご覧頂けます。

 

動画視聴期間:5/30〜6/7(土日〜土日の9日間) 


動画視聴料金:9,000円(再視聴の方は4000円)

お申込と振込:5/29までにご入金確認できた方に、

       5/30の午前中にURLをご案内します。
    (お振込み先は、お申込み頂いた方にお知らせします)

 

 

 

お申込みは

 

↓↓↓

 

【初めての方はこちら】

https://kokucheese.com/event/index/595973/

 

 

 

【再視聴の方はこちら】

https://kokucheese.com/event/index/595990/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

6月13日 オンライン開催決定❗

 

「銀河の音へのいざない〜天地人〜」

 

6月13日は、参加される皆さんと一体化して、地球と銀河の中心に、

 

光の柱を立てる目的があり、同じ時間を共有する必要があるので、

 

録画配信はありません。

 

 

 

 

<秋山広宣(あすわ代表)よりメッセージ>


『 2020年は、銀河的に非常に重要な年となります。
銀河のマヤの提唱者、ホゼ・アグエイアス博士の呼びかけで

世界中の聖地にて開催された
1987年の「ハーモニック・コンバージェンス」から、

13年後が2000年。
2000年から20年後が本年2020年です。
ここに銀河のマヤの13対20のフラクタル・コードが隠されてあります。
2020年という地球年は、私たち地球人類にとって

大きな覚醒への節目の年です。
それは同時に、目に見えない縛りである「周波数的な縛り」

「電磁波的な縛り」「光の縛り」が、これまで以上、否、

最大規模で現象として現れる年でもあります。
私たちが1つとなり、このマイナスな働きをプラスに

変換させていきたいと思います。

青い月の嵐の年 電気の月21日

銀河のマヤツォルキンでは、195日目に当たる2020年10月10日までに、

時間船地球号の出航を実現させましょう!

それは、2021年12月21日の大きな振動の変化へ向け、

天王星への道の修復に繋がります。
地球と天王星との間には、銀河の中心へと私たちの意識を解き放つ

トンネルが存在します。
天王星との間にテレパシックな回路が開けた時、

地球人類全体に天王星から情報が降りてくるでしょう。

これが、キニチ・アハウ・ドミニオン (太陽系の統制)です。
遠い日の約束を思い出してくれた皆さんと共に、

太陽系の機能の復活を実現させ、

銀河の呼びかけに今こそ呼応してゆきましょう!』

 

 

 

 

 

 

 

 

Facebookではシェアしてましたが、こちら🌼

 

 

 

 

 

 

今年は盛大に咲いてくれました。

 

デンドロビュウム・キンギアナムさん。

 

 

 

咲いてから、花の名をググるという(笑)、土いじり初心者🔰な私。

 

植え替えに四苦八苦したりしましたが、

 

なんとかなるもんですね。

 

 

 

こちらの方が日当たりが良いという理由で、

 

半ば押し付けられた形で、

 

我が家には、植物たちが増えています。

 

土いじりでは、まだ心からの充実感は得られてませんが、

 

無心になれるところは、爽快感を感じられました。

 

 

 

 

コロナ禍と言われているようですが、

 

多くのギフトもあったのだと思っています。

 

もちろんこれも、健康あってのこと。

 

 

 

 

良いも悪いも、

 

隔たりも一致も、

 

全てにあるものなので、

 

今回遭遇しちゃった、長めの自宅滞在期間で

 

私は手離せたことが沢山ありました。

 

軽くなったわ❗(^ー^)ノ

 

 

 

 

 

 

今日も素敵な1日をお過ごし下さいね🎵

 

 

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:日記・一般

JUGEMテーマ:今日のキーワード

 

2020.03.14 Saturday

旅立ちのセレモニー、今日はKIN245

 

2020年3月14日は、

現代版マヤカレンダーでは、

 

KIN245「11(スペクトル)赤い蛇ー青い鷲」
 

【銀河の音11】

  ・価値観の転換

  ・解放の力が働く

 

【赤い蛇】

  ・本当のことが見えて来る

  ・根本的な部分と向き合う

 

【青い鷲】

  ・展望が開ける

  ・あらゆる見当がついてくる

 

 

 

2020/3/4(水)KIN235〜2020/3/16(月)KIN247まで「青い鷲」のエネルギーが続きます。

「現代版マヤカレンダー2020」をお持ちの方は69ページのメッセージもご覧ください。

「現代版マヤカレンダー情報ダイアリー2020」より引用。Amazon でも販売中
※こちらに記載しております解釈は、 ホゼ・アグエイアス博士が作り出された「13の月の暦」を

基にした、あすわオリジナル解釈です。 あすわスクール生以外の方の転載やコピー不可です。

 

【ヌースフィアの時代 2424日目】

【13の月の暦 太陽の月8日】

 

 

 

 

 

 

2020年の今年は、うるう年です。

 

今一度、ご自身がお使いのマヤカレンダーの

 

閏年の、ツォルキンのカウントをご確認下さいね!

 

本日は、KIN245です!

 

 

 

 

 

 

 

パンデミックと発表される中、

 

無事に旅立ちのセレモニーを見届けることができました。

 

 

 

 

幼馴染み達がわざわざ届けに来てくれた花たち。

 

私がもらい泣きしたわ( ノД`)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

府下の学校では判断も分かると聞きましたが、

 

講堂の窓はフルオープン、

 

在校生は代表者数名のみ、

 

短縮した形で前例にないパターンで子供の卒業式を迎えることができました。

 

可能性を捨てず、尽力下さった皆さまに感謝です。

 

 

 

 

 

イレギュラーな判断が必要とされる今、

 

意識的に不安が不安を生み出す現状にピリオドを打ち、

 

明るい方へと気持ちを向けています。

 

是非、ご一緒に!

 

 

 

それではまた(^^)/\(^^)

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:スピリチュアル

JUGEMテーマ:今日のキーワード

JUGEMテーマ:お知らせ

 

2018.09.05 Wednesday

ビニールシートと土嚢

 

 

今朝は朝から晴天!!!

 

テレビを点けると、、昨日の台風の爪痕の報道が続々。

 

大きな看板があらぬ所に落下していたり、

 

こんな重たいものがフワリと浮かぶものなのか!?と目を疑ったり、

 

海の孤島の関西国際空港が文字通り孤立し、旅人のお疲れもさながら、

 

勤務される空港関係者のテキパキとした行動に、

 

なかなか出来ないよな〜と感心したりと思っていたところに、来電。

 

 

 

 

 

 

 

 

ふんふん、それはイケナイ。行かないと。

 

昨日台風の爪痕のサポート要請、今すぐホームセンターへ走ることに。

 

 

 

 

 

見たこともなかった一番大きい寸法のブルーシートと、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何かに使う為の土嚢を

 

 

 

 

 

 

ゲッツ!!(声出したワ・笑)

 

 

 

 

朝早くから空いてるお店だったので、良かった。

 

ブルーシートも売れ切れていなくて、良かった。

 

 

 

 

 

 

土嚢を運んで実感しました。

 

普段から体力つけてないと、こういう時とてもキツイ!!

 

そこそこ力持ちな私ですが、それも一瞬だけのことでそう思い込んでいる。

 

日々継続してトレーニングしていくこと、必要だと思った。

 

昨日に続いて「赤い月」のキーワードが、身にしみる。

 

 

 

 

 

 

ホームセンターの駐車場はごった返し、職人さん達で溢れている、

 

そんな中で、たった一人ド素人の私。

 

さぞ、浮いて見えただろうなぁ。

 

 

 

 

 

キョロキョロしていた私を、

 

見るに見かねて声をかけてくれた女性店員さん。

 

こんなトコに車止めたら曲がれないっ!と困ってた私を誘導してくれた、見知らぬ職人さん。

 

テキパキと荷物を積んでくれた男性店員の方。

 

皆さん有難うございました。とても助かりました!

 

 

 

 

 

そうだよ。今日は「白い犬」の日なんだ!!

 

帰り道、色んな出来事がフラッシュバックする。

 

こんな所でも「時間が螺旋である」ことがリフレイン。

 

 

 

 

 

 

朝から思わぬ形でアチラコチラへ移動する中で見た光景は、

 

倒木、草木や植木鉢が散乱していたり、

 

民家のブロック塀が崩れたいたり、フェンスもテントもズタズタだったり、

 

信号機がとんでもない方向を向いていたり、消えていたり。

 

でも、イライラしている人は殆どいなかった。

 

 

 

 

 

 

大阪市内は、ほぼライフラインは止まらなかったけど、

 

止まってもおかしくない状況だった。

 

もっと状況が最悪になっててもおかしくはなかった。

 

 

 

 

 

 

被害があったところ、不自由な状況にいらっしゃる方、

 

少しでも早い原状回復を願っています。

 

世界が少しずつ、大きく変わってゆく方向へ、向かうように。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本日2018年9月5日は、
現代版マヤカレンダーでは、

 

KIN210「2(月)白い犬ー赤い月」
 

【銀河の音2】

  ・白黒ハッキリさせる

  ・二極の力が働く

 

【白い犬】

  ・不透明な部分やなおざりにしていた問題を明らかにする

  ・人間性を問われる

 

【赤い月】

  ・教訓を含んだ新たな展開

  ・新しい流れ

 

 

2018/9/4(火)KIN209〜2018/9/16(日)KIN221まで赤い月のエネルギーが続きます。

「現代版マヤカレンダー2018」をお持ちの方は117ページのメッセージもご覧ください。

「現代版マヤカレンダー情報ダイアリー2018」より引用。Amazon でも販売中
※こちらに記載しております解釈は、 ホゼ・アグエイアス博士が作り出された「13の月の暦」を

基にした、あすわオリジナル解釈です。 あすわスクール生以外の方の転載やコピー不可です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:今日のキーワード

JUGEMテーマ:日記・一般

 

2018.06.25 Monday

別れはさびしいけれど

 

 

本日2018年6月25日は、
現代版マヤカレンダーでは、

 

KIN138「8(銀河)白い鏡ー青い猿」
 

【銀河の音8】

  ・いつになく考えたり話込んでしまったり

  ・再確認の力が働く

 

【白い鏡】

  ・自分自身の進むべき方向性を知る

  ・過去を振り返ることで現実のヒントがそこにある

 

【青い猿】

  ・目の前のことに一喜一憂しない

  ・個々の質的な部分を問われる

 

 

2018/6/18(月)KIN131〜2018/6/30(土)KIN143まで青い猿のエネルギーが続きます。

「現代版マヤカレンダー2018」をお持ちの方は93ページのメッセージもご覧ください。

「現代版マヤカレンダー情報ダイアリー2018」より引用。Amazon でも販売中
※こちらに記載しております解釈は、 ホゼ・アグエイアス博士が作り出された「13の月の暦」を

基にした、あすわオリジナル解釈です。 あすわスクール生以外の方の転載やコピー不可です。

 

 

 

 

 

 

 

 

イベントの時にいつもご一緒だった、この相方。

 

 

 

 

 

 

 

実はこれ、海外のショッピングモールで主人が見つけて、

 

そのまま日本に連れ帰ったキャリーバッグ。

 

今でも思い出すを「信じられへんわ」と言ってしまいますが、

 

当時、何かを考えたのか不明ですが、着替えも一切持たず、

 

ウエストポーチのみで海外に行くと言い出して(笑)手ぶらで渡航。

 

日本より物価が安かったせいか、現地で最低限のものを用立てる日々で、

 

このキャリーも現地で見初めたモノでした。

 

私が各地でマヤの活動を始めたことで、それから常にご一緒する相方となったわけです。

 

 

 

 

 

 

これ、びっくりする位、使いやすかった!!!!

 

大きめのタイヤは、どこでもスムーズにいけたし、音も実に静か。

 

タイヤが二つだったから、電車などでも支えてなくてもOKというツワモノ。

 

ずっと一緒だったのにぃぃ。。

 

 

 

 

 

 

経年劣化か、無理をさせて来たせいか、はたまた

 

私のバージョンアップのタイミングか(笑)

 

一昨日、石川県から帰宅すると、タイヤが割れていました(T_T)

 

確かに今回、いつもより重く感じていたなぁ。

 

帰宅してタイヤを拭いた時に発見し、家に帰るまでもってくれたのかと思うのと、

 

今回が最後のお伴だったのかと思うと、もう何とも寂しい(>_<)


 

 

 

 

 

 

布製だったので、洗ってあげたり、縫ってあげたり、

 

普通のキャリーではできないケアをしながらの、マヤの活動でした。

 

次のイベント参加は??と考えると、7月29日(日)。

 

 

 

 

 ◆癒しスタジアムin大阪vol.54
日時:2018年7月29日(日)10:30〜18:00
入場料:500円【お子様無料・再入場可】
会場:天満橋OMMビル・2F
(地下鉄谷町線・京阪電鉄天満橋駅すぐ)

 

 

 

 

 

実はこれも凄いタイミング。

 

ヌースフィアの時代に本当に必要な新銀河時代の太陽暦(13の月の暦)では、

 

毎年、西暦の7月26日から新しい年が始まるので、

 

7月29日は、新しい年(赤い宇宙の月の年)がスタートして3日目にあたるのです。

 

※新銀河時代の太陽暦については、ワタシ西田てんこが開講する、

「ツォルキン活用セミナー導入編」や「ツォルキン活用セミナーステップ1」でお伝えしています。

 

 

 

 

 

 

 

そうか、そうだった。

 

新しい年から新しい相方とスタートなのか、と考えると、

 

寂しがっている場合ですね。

 

今はアクセルをしっかり踏み進めてゆく時。

 

近々、新しい相方をゲットしてきますね〜。

 

 

 

 

 

 

 

今日はかなりアツいですけど、素敵な時間をお過ごしください!!

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:今日のキーワード

JUGEMテーマ:日常

 

2018.06.16 Saturday

ワーキング婆ちゃん

 

 

本日2018年6月16日は、
現代版マヤカレンダーでは、

 

KIN129「12(水晶)赤い月ー白い鏡」
 

【銀河の音12】

  ・音1が成就する

  ・集大成の力が働く

 

【赤い月

  ・教訓を含む新たな展開

  ・新たしい流れ

 

【白い鏡

  ・自分自身の進むべき方向性を知る

  ・過去を振り返ることで現実のヒントがそこにある

 

 

2018/6/5(火)KIN118〜2018/6/17(月)KIN130まで白い鏡のエネルギーが続きます。

「現代版マヤカレンダー2018」をお持ちの方は91ページのメッセージもご覧ください。

「現代版マヤカレンダー情報ダイアリー2018」より引用。Amazon でも販売中
※こちらに記載しております解釈は、 ホゼ・アグエイアス博士が作り出された「13の月の暦」を

基にした、あすわオリジナル解釈です。 あすわスクール生以外の方の転載やコピー不可です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

明日は父の日だそうですが、我が父親は父の日だからと言って、

 

何かした事で喜ぶ人ではありませんでした。

 

それよりも、耳掃除をしてあげたり、話し相手になることで、

 

すっきりしていたり、「そうか、そうか」と頷いて喜んでいた人でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

少し前の晴天の日にて、実家の庭先で家族イベントにて、

 

70代の婆ちゃんたちの後姿。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

二人とも、70代でいわゆるシニア世代。

 

今も給与が発生する形で、現役で働くワーキング婆ちゃん。 

 

戦後の容赦ない状況を越えて、今では空いた時間は植物や作物を植えて、

 

自分の身の回りも普通にやっている、まだまだ強気の熟女たち。

 

もうね、凄いよ。

 

アラフィフの働き盛りの持つ悩みなんかを、笑い飛ばして、

 

この日は、後片付けは私に任せて、孫との交流もちゃっかり楽しんでいました。

 

 

 

 

 

三次元では、時間は直線に流れ、一方方向に進むだけと聞いたり、

 

学んだりしている人が大半だと思いますが、

 

実は時間は、螺旋であって、そうではないのです。

 

過去が今とリンクすることは、実際にあるのです。

 

学んだことだけを鵜呑みにし過ぎていると思うし、

 

我々は、時間に対しての理解を知らなさすぎると思う。

 

 

 

 

 

 

ほんの数分間うたたねが、何時間にも感じる感覚を感じたり、

 

居心地の悪い場面での時間は、とんでもなく長く感じたり、

 

時間が直線というならば、そんな感覚はどうのように説明できるでしょうか。

 

マヤ暦の一つ、260暦ツォルキンの中には、その鍵があります。

 

 

 

 

 

 

明日も晴天の予報。たくさんの太陽を浴びて、

 

今の時期の必要な情報を得て行こうを思います。

 

父の日と言うものの、婆さんメインの記事になってしまいましたが・笑

 

このワーキング婆ちゃんみたいに、シャキッとした60代、70代を過ごしたいと思います。

 

 

 

 

 

 

それでは、また!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:日記・一般

JUGEMテーマ:今日のキーワード

JUGEMテーマ:ひとりごと

2018.05.31 Thursday

未来につながる重要なファクター

 

 

2013年7月26日を過ぎ、ヌースフィアの時代に入ってから、

 

私達が目に見えない領域で、少しずつ刻は進んでいます。

 

 

 

 

そういった変化は、大きな振動の変化であることと、

 

あすわで開講している「ヌースフィア講座」にて、

 

ツォルキン活用セミナーとまた違うアプローチで、宇宙情報の発信として、

 

一般の方でも分りやすい形で、知ることができる講座が開講しています。

 

 

 

 

今、一番近い日程では、ヌースフィア講座パート が受講できます。

 

今の世界に必要な宇宙情報として、あすわより発信しているものです。

 

6月10日(日)に開講が決定している、ヌースフィア講座パート では、

 

最新の情報が聞けるかと思うので、是非お越しください。

 

ワタシも参加します♪楽しみっわーい

 

 

 

 

 

 

 

↓ 色々広げまくりの、てんこのスペース。勉強中はこんなもんです。。

 

 秋山先生の私物、貴重なナショナルジオグラフィックのバックナンバーを回覧中の画。
 

 

 

 

 

 

土方さんを講師に迎えて開催されたマニアな方向けのガッツリ勉強会は、

 

予告通りに、映像も交えてガッツリ二日間で開講。

 

既に入手困難のDVDを見ることができて、プレミアム感もあり、

 

受講するマニア達も(笑)上映中は前へ前へとにじり寄り、映像にカジリついていました。

 

 

 

 

 

 

「土方美雄さんに来ていただいた4日間」と題して、銀河のマヤブログが更新されています。

 

 http://akiyama.asuwa.info/?eid=602

 

 

 

 

 

 

秋山先生は、マヤの考古学は未来情報にも繋がるものだと、以前から発信してました。

 

あすわは「銀河のマヤ」と「古代マヤ」は両輪であると考えているので、

 

遺跡ツアーも主催し、昨年はエリザベスさんから伝統的マヤのレクチャーも開催し、

 

今回、専門家を招いてマヤ考古学を知る機会を開催するのも、

 

全て未来につながる重要なファクターであるのと、認識しているからです。

 

 

 

銀河のブログの最後にある「真実の情報シリーズその◆廚盡逃せません。

 

このちょっとしたアクセントがたまりませんね。

 

 

 

 

 

 

 

マニアック講座の中では、現地の実情、

 

先住民が置かれている「今」についても、知ることができました。

 

 

 

土方さんが遺跡各地に赴き、各地の様子を旅行記という形で著書を発表されていますが、

 

ただの旅行記ではなくて、そこには時代背景や、検証も行いながら、

 

地域性、民族性、風土、歴史など、多方面での考査を行ってこられた、

 

これまでの積み上げてきたものがあり、また込められていることを、

 

ご本人の口から聞くことができました。

 

淡々と話す口調の奥には、経験からしか得られない深い想いが感じられました。

 

 

 

 

 

土方さんは最後に「何か質問があればいつでも連絡下さい。全てお答えします」と、

 

ハッキリおっしゃっていました。

 

きっぱりとした姿勢からも、とても誠実な方であることが窺い知れます。

 

2020年の大長老を日本にお招きする大ブロジェクトに向けて、

 

またご一緒できる日を楽しみに、学んだことを浸透させていこうと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本日2018年5月31日は、
現代版マヤカレンダーでは、

 

KIN113「9(太陽)赤い空歩く人ー赤い蛇」
 

【銀河の音9】

  ・状況が一定のピークを迎える

  ・次への大きな展開を示唆する力が働く

 

【赤い空歩く人

  ・飛躍のヒントを得る

  ・現状から1段階レベルアップが促される

 

【赤い蛇

  ・本当のことが見えて来る

  ・根本的な部分と向き合う

 

 

2018/5/23(水)KIN105〜2018/6/4(月)KIN117まで赤い蛇のエネルギーが続きます。

「現代版マヤカレンダー2018」をお持ちの方は85ページのメッセージもご覧ください。

「現代版マヤカレンダー情報ダイアリー2018」より引用。Amazon でも販売中
※こちらに記載しております解釈は、 ホゼ・アグエイアス博士が作り出された「13の月の暦」を

基にした、あすわオリジナル解釈です。 あすわスクール生以外の方の転載やコピー不可です。

 

 

 

 

 

 

 

 

今日は、忙しい一日でした。天気も合わせてくれていたかのように・笑

 

それでは、素敵な夜をお過ごしください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:日記・一般

JUGEMテーマ:今日のキーワード

JUGEMテーマ:今日のテーマ・お題

2018.04.23 Monday

ロマンチックな頭の中

 

 

友人からの打診で、日本語から中国語へのちょっとした翻訳を引き受け

 

負担になる文字数とか、内容ではなかったので、

 

「やってみるか!」

 

と、引き受けたのが、KIN65の日。

 

 

 

 

 

 

こういう動きをした時ほど、同時に色んなことがついてくるみたいで(笑)

 

前回の銀河スピン(2017/5/24〜2018/2/7)で、諸々身辺整理もしていた分、

 

新たな繋がりも入ってくるもので、

 

今回の銀河スピン(2018/2/8〜2018/10/25)では、

 

未だ見ぬ展開が起こってくる予感を感じる毎日です。

 

 

 

 

 

何かを伝える時に、自分のフィルターを通さず伝えられる人は、

 

とても少ないでしょうし。

 

まして、

 

自身の思い込みとどれだけ向き合えるのか?も試される場面もあり、

 

今回ちょっとしたお話でしたが、

 

自分に足りない箇所を知れたように思えました。

 

 

 

 

 

中国語での依頼でしたから、周囲のサポートも受けながら進む中で、

 

私の訳を読んで「ロマンチックやねドキドキ」と漏らした親の一言に

 

そーーいえばっ!!

 

ロマンチックなイメージを浮かべながら描いて文章化していたので、

 

その言葉に、思わずププっと笑えました。

 

 

 

 

 

自分が思い描いたイメージは伝わるんだな、ということがよく理解できましたし、

 

今の私に、どストライクなメッセージだったので、

 

引き受けて良かったんだな、という気持ちになってしまいました。

 

 

 

 

 

いや〜、ちょっとしたことでも無駄はないんだなと

 

実感しましたね!!

 

 

 

 

 

皆さんは、如何な「白い世界の橋渡し」の期間をお過ごしですか?

 

素敵なKIN75の夜をお過ごしください。

 

今日のキーワードは下記を参考にしてみてくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

本日2018年4月23日は、
現代版マヤカレンダーでは、

 

KIN75「10(惑星)青い鷲ー白い世界の橋渡し」
 

【銀河の音10】

  ・形になって見えて来る

  ・現実化の力が働く

 

【青い鷲】

  ・展望が開ける

  ・あらゆる見当がついてくる

 

【白い世界の橋渡し】

  ・価値観の転換

  ・人との関わりの中での大きな収穫

 

 

2018/4/14(土)KIN66〜2018/4/26(木)KIN78まで白い世界の橋渡しのエネルギーが続きます。

「現代版マヤカレンダー2018」をお持ちの方は74ページのメッセージもご覧ください。

「現代版マヤカレンダー情報ダイアリー2018」より引用。Amazon でも販売中
※こちらに記載しております解釈は、 ホゼ・アグエイアス博士が作り出された「13の月の暦」を

基にした、あすわオリジナル解釈です。 あすわスクール生以外の方の転載やコピー不可です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↑ 頂きモノのシンビジュウム。お世話する人が良ければこんなに綺麗に咲くのね!

 

  長年シン「ピ」ジュウムと勘違いしていたわww

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:今日のテーマ・お題

JUGEMテーマ:日記・一般

 

2018.03.25 Sunday

ツォルキンを日常的に使う

 

 

ヒンヤリと感じる時もありますが、春がやってきていますね。

 

 

 

 

 

 

毎年楽しませてくれている近くの桜も

 

「もっと咲くでぇ〜」と言わんばかりの様子でした。

 

 

 

 

 

我が家も子供の入学準備で、生活面が変わっていってますが、

 

ここ数日は特に、

 

受験期間中の押しかける「応援行動」を自粛してくれていたであろう(笑)

 

ばば様方とのハッピーコミュニケーションと、

 

我が家に漂う祝賀ムードの日々を過ごしていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなこんなの、身内に起こる現象を、五次元の視点で眺めていく。

 

 

 

 

 

 

 

起こった現象を、ツォルキンを通して観ることで、

 

オカシナ方向に考えたり、勝手に思い込んだり不安に駆られたり、

 

そんな感覚が回避できるのです。

 

「今はこの時期だから」「私にとってこんな時だから」と、

 

判断できるようになるのです。

 

誰かが何かをもたらしてくれるのではなく、

 

とても分りやすい形で、自らその判断がつく、ということです。

 

 

 

 

 

 

ツォルキンが無くても、もちろん生活はできますが、

 

有ると、自身の流れの現在地、向かうべき方向が分かるので便利。

 

 

 

地図が無くても、勘が働く人は初めての土地でも迷わず目的地に着けるでしょう。

 

でも地図があれば、現在地が判明して、どの方向位置へ進むべきか分かる。

 

参考になるどころか、道を教えてくれるのです。速やかに進めるということです。

 

 

 

ツォルキンに生きること、日頃から使っていく、というのは、

 

暗闇の洞窟を歩く時に、灯りを持って進むようなイメージなのです。

 

 

 

ヌースフィアの時代に入って、今日で1704日目になり、

 

普段使っているカレンダーを西暦のものから、

 

マヤカレンダーに掛け替えるのは、急務という時期に差し掛かっています。

 

 

 

「銀河のマヤ ツォルキン」は、いわゆるスピリチュアルの世界だけのモノではなく、

 

今の時代に本当の意味で必要なものです。

 

ヌースフィアの今の時代に入ってからこそ、本格的に取り入れるエネルギーマトリックスです。

 

 

 

 

アナタの日常に「銀河のマヤ」を意識して、取り入れてみてくださいね。

 

あすわマヤカレンダーアイテムは、私の方でも取り扱っていますし、

 

あすわHPアマゾンでも購入頂けます。

 

 

 

 

 

 

 

ベルセミナーの詳細、鑑定のご予約受付日などは、私のHPホームページホームページホームページホームページ

 

「てんこのマヤページ」でご覧になれます⇒ http://tenko-maya.com/

 

 

 

 

 

 

 

 

本日2018年3月25日は、
現代版マヤカレンダーでは、

 

KIN46「7(共振)白い世界の橋渡しー黄色い太陽」
 

【銀河の音7】

  ・意識が大きく変化する

  ・調整の力が働く

 

【白い世界の橋渡し】

  ・価値観の転換

  ・人との関わるの中での大きな収穫

 

【黄色い太陽】

  ・次に何をすればいいのか?が見えて来る

  ・それまでの状況が明確になる

 

 

 

2018/3/19(月)KIN40〜2018/3/31(土)KIN52まで黄色い太陽のエネルギーが続きます。

 

「現代版マヤカレンダー2018」をお持ちの方は67ページのメッセージもご覧ください。

「現代版マヤカレンダー情報ダイアリー2018」より引用。Amazon でも販売中
※こちらに記載しております解釈は、 ホゼ・アグエイアス博士が作り出された「13の月の暦」を

基にした、あすわオリジナル解釈です。 あすわスクール生以外の方の転載やコピー不可です。

 

 

 

 

 

 

 

今日も素敵な一日をお過ごし下さい♪

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:今日のキーワード

JUGEMテーマ:日記・一般

 

Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
PR
【ツォルキン活用セミナーとは】
銀河のマヤツォルキンを日常生活の中でどう活かすのか?を知る事ができる、他に類を見ない正真正銘のセミナーです。日本には、マヤ暦占いや自分の感覚マヤ暦など、低層4次元とつながっている恐ろしいマヤ暦情報が蔓延しています。また13の月の暦が正統マヤ暦と思って学んでみたけれど、意味が分からなくて難しいと残念な印象を受けてしまったり、自分の感覚で見たらいいと、勘違いしてしまったりする場合もあります。とても残念な状況です。銀河のマヤツォルキンは7次元のアルクトゥルスからの宇宙情報です。それを低層4次元とつなげたり、自分の感覚で適当に判断してしまうことは、人類の意識進化の可能性を止めてしまう、ヌースフィアとは逆行する行為です。他では知ることのできない、ツォルキンに生きれるようにお伝えします。
【マヤ鑑定(R)とは】
【マヤ鑑定(R)は、あすわの商標登録です】 ツォルキンから読み解ける、あなた自身の魂が目指そうとしている今世の役割、関わりを知りたい人との関係性をお伝えします。今、何が必要か?今、ご自分はどんな状況の中いるのか?これから先にどのように進もうとしているのか?が判ることで、人は現状から一歩前に踏み出すことができます。日々を意識的に生きることの大切さを実感できるセッションです。※鑑定を受けられる方の実際にお生まれになった生年月日が必要です。
【マヤ鑑定(R)、セミナー日程】
日程や料金の詳細は、ホームページ⇒「てんこのマヤページ」で検索頂けます。下記のLINKSからもご覧頂けます。
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM