<< 秋のうさとの服展 | main | 「赤い月」の初日 >>
2018.08.31 Friday

最前線、最高峰の学び

 

本日2018年8月31日は、
現代版マヤカレンダーでは、

 

KIN205「10(惑星)赤い竜ー黄色い戦士」
 

【銀河の音10】

  ・形になって見えて来る

  ・現実化の力が働く

 

【赤い蛇】

  ・本当のことが見えて来る

  ・根本的な部分と向き合う

 

【黄色い戦士】

  ・自身と向き合いチャレンジする

  ・もうひと踏ん張りできてしまえる

 

 

2018/8/22(水)KIN196〜2018/9/3(月)KIN208まで黄色い戦士のエネルギーが続きます。

「現代版マヤカレンダー2018」をお持ちの方は111ページのメッセージもご覧ください。

「現代版マヤカレンダー情報ダイアリー2018」より引用。Amazon でも販売中
※こちらに記載しております解釈は、 ホゼ・アグエイアス博士が作り出された「13の月の暦」を

基にした、あすわオリジナル解釈です。 あすわスクール生以外の方の転載やコピー不可です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回の260日周期の流れにて、今の「答えが見えて来る」第四の城は、

 

どのような事を体感されていますか?

 

 

 

 

 

現在「黄色い戦士」の13日間も、終盤に近づく中、

 

この春から開講されている「レベル2カレンダーリーダー特別クラス」が開講されていて、

 

KIN203とKIN204は、最前線のレクチャーを受けていました。

 

 

 

 

 

 

ちょうど!!  このレクチャーの二日前と当日に、マヤ誕生日を迎えた

 

くーこさん と 廣田パンダ 二人のショット。いつもお疲れサマ☆

 

 

レクチャー中の休憩時間は、実に和気藹々としたものですが、

 

授業中は一言も聞き洩らすまいと、みんな一様に真剣な眼差しに変わります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現代版マヤカレンダーを専門に、「あすわ」は展開していて、

 

「マヤ」にを語るには会としては、他にはない、

 

要となるツォルキンの背景にある、

 

全ての要素を網羅する学びがあります。

 

 

 

 

そこに、ツォルキン活用セミナーや、マヤ鑑定(R)、そして

 

銀河のマヤ・宇宙情報の講座が開講されます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

銀河のマヤと古代のマヤが全く違うモノであるのは、

 

これまでもお知らせしてきました通りに、

 

「銀河のマヤと古代マヤは両輪のようなものであり、どちらが欠いても成り立たない」

 

と考えています。

 

 

 

古代マヤに関しても、敬意をもって、

 

直接アレハンドロ大長老から教えて頂き、

 

エリザベスさんの古代マヤ暦セミナーを教わる機会を設け、

 

土方さんからは新たな角度からマヤ考古学を知る勉強会 がありました。

 

これらは、全て繋がっていて、

 

マヤを知る、大切なファクターとして、ステップとしての流れなのです。

 

 

 

 

 

銀河のマヤのブログ「マヤの大長老は何が目的なのか?その2」記事にて

 

詳細がご覧頂けます。まだの方は下記からどうぞ。

 

↓ ↓ ↓ 

 

http://akiyama.asuwa.info/?eid=609

 

 

 

 

 

 

 

銀河のマヤ・ツォルキンが、よくある占いのような水準のものではなく、

 

小宇宙、中宇宙とも言われている私達が、

 

銀河や宇宙との関わりがどの様なものなのか、

 

1人でも多くの皆さんに理解頂けるように、お伝えできるように、

 

私達カレンダーリーダーは学び続けています。

 

 

 

 

 

マヤ業界の最前線で発信をし続け、

 

ツォルキンの神髄に触れながらリアルに体験し、質の高い宇宙情報を知ってゆける、

 

あすわの学びは、最高峰の学びと言えるものです。

 

 

 

 

 

 

 

早くも今回で折り返し地点となる勉強会。

 

残り半分も、思い残すことなく、しっかり吸収していきますね!!!

 

 

 

 

 

◆西田てんこのHPは⇒ http://tenko-maya.com/

 

 

 

 

 

 

 

 


マヤの大長老さんへお見舞い金とメッセージを送ろう

 

マヤ遺跡を巡るツアーで大長老宅を訪問しよう

 

 

 

 

 

 

 

2020年プロジェクト は現在始動中!!

 

このプロジェクトは全ての方々にご参加頂けます。

 

お申込み、お待ちしています!

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:日記・一般

JUGEMテーマ:今日のキーワード

2018.09.21 Friday

スポンサーサイト

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
PR
【ツォルキン活用セミナーとは】
銀河のマヤツォルキンを日常生活の中でどう活かすのか?を知る事ができる、他に類を見ない正真正銘のセミナーです。日本には、マヤ暦占いや自分の感覚マヤ暦など、低層4次元とつながっている恐ろしいマヤ暦情報が蔓延しています。また13の月の暦が正統マヤ暦と思って学んでみたけれど、意味が分からなくて難しいと残念な印象を受けてしまったり、自分の感覚で見たらいいと、勘違いしてしまったりする場合もあります。とても残念な状況です。銀河のマヤツォルキンは7次元のアルクトゥルスからの宇宙情報です。それを低層4次元とつなげたり、自分の感覚で適当に判断してしまうことは、人類の意識進化の可能性を止めてしまう、ヌースフィアとは逆行する行為です。他では知ることのできない、ツォルキンに生きれるようにお伝えします。
【マヤ鑑定(R)とは】
【マヤ鑑定(R)は、あすわの商標登録です】 ツォルキンから読み解ける、あなた自身の魂が目指そうとしている今世の役割、関わりを知りたい人との関係性をお伝えします。今、何が必要か?今、ご自分はどんな状況の中いるのか?これから先にどのように進もうとしているのか?が判ることで、人は現状から一歩前に踏み出すことができます。日々を意識的に生きることの大切さを実感できるセッションです。※鑑定を受けられる方の実際にお生まれになった生年月日が必要です。
【マヤ鑑定(R)、セミナー日程】
日程や料金の詳細は、ホームページ⇒「てんこのマヤページ」で検索頂けます。下記のLINKSからもご覧頂けます。
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM