<< 夢中だった「赤い月」、今日から「白い風」 | main | マヤツアー2018は最後の1席 >>
2018.09.18 Tuesday

銀河のマヤ講座、残席カウントダウンに

 

 

 

以前からご案内していました

 

銀河のマヤ特別講座2018」は、関心の高さから、

 

あれよあれよとお席が埋まり、カウントダウンが始まっている会場があります。

 

 

 

 

 

 

◆東京講座…残席10席

 

◆神戸講座…残席7席   ※いずれも2018年9月18日 KIN223現在

 

 

 

 

 

 


真実の情報開示シリーズ最新講座
高次元のエネルギーマトリクス 銀河のマヤツォルキンの
とんでもない奥座敷と存在意義を開示!
「地球のアセンションが始まっている」「二極化の嵐が吹き荒れている」
そんなことがまことしやかに言われていますが、本当なのでしょうか?
これから私たちが高次の段階に進んでゆくであろう、この「いま」のタイミングに
認識しておくこと必須のことは何なのか?
銀河のマヤについて初めての人でも楽しめる内容です!

 

【講座の内容】
12対60の計時周波数の正体と作用
最前線の精神世界の実状  粒子性と波動性について
ツォルキンは高次元の音  周波数フィルターについて
ハーモニック・コンバージェンスの量子的な意義
宇宙情報としての次元位相
高次元のエネルギーマトリクスを解読するとは?
意識の監獄と、意識の解放
ヴェラトローパは、自由意志の実験場
(※内容については、若干の変更になる可能性もあります)

 

 

 

 

 

【講演日時と会場および定員】


福山(広島)講座
日時:赤い宇宙の月の年 律動の月4日 KIN52
2018年12月16日(日) 12:30〜17:00(途中休憩あり)
会場:
リム福山のものづくり交流館(福山駅より徒歩5分)
定員:42名




博多(福岡)講座
日時:赤い宇宙の月の年 自己存在の月25日 KIN17
2018年11月11日(日) 12:30〜17:00(途中休憩あり)
会場:
リファレンス駅東ビル貸会議場(博多駅筑紫口から徒歩5分)
定員:39名



大分講座
日時:赤い宇宙の月の年 自己存在の月18日 KIN10
2018年11月4日(日) 12:30〜17:00(途中休憩あり)
会場:
エイトピアおおの(豊後大野市総合文化センター)
定員:50名



神戸講座
日時:赤い宇宙の月の年 自己存在の月10日 KIN2
2018年10月27日(土) 12:30〜17:00(途中休憩あり)
会場:
神戸国際会館(三宮(三ノ宮)駅から地下で直結)
定員:50名



東京講座
日時:赤い宇宙の月の年 電気の月25日 KIN249
2018年10月14日(日) 12:30〜17:00(途中休憩あり)
会場:
アットビジネスセンター渋谷(渋谷駅(ハチ公口)より徒歩6分)
定員:24名



 


【講師】
秋山広宣のプロフィール



【お問合せ・お申込み】
総合窓口: あすわ事務局担当 根岸
090-8195-4657  
kiiroisenshi.akaituki@s7.dion.ne.jp
お申し込み後、7日以内に受講料金をお振込みください。
お申込の際に お名前・携帯電話番号をお知らせください。
郵便貯金 14050−30425411 あすわ宛 にお振込みお願い致します。

※お振込後のキャンセルは返金はしておりませんので、ご了承ください。
最少催行人数に達しない場合は、延期または中止することもあります。
(延期・中止の場合、開講の1週間前までには連絡させていただきます)

 

 

 

 

こちらの講座は、今年限定の特別講座になりますので

 

この機会をお見逃しなく!!

 

 

 

 

 

 

 

あすわ代表・秋山先生の講座は、評判が評判を呼び、

 

埋まりだすのが、とても早い!!というのが多いのです。

 

必要な人がしっかり受け取って貰えるように、

 

その都度、会場や、募集人数に変化があります。

 

 

 

とりわけ、この宇宙情報講座は、今の時代に必要な捉え方を知り、

 

現状を真正面から見つめるに不可欠なヒントが満載の講座なので、

 

受け取るタイミングもあるのかもしれません。

 

 

 

 

「真実」と聞くと、構えてしまうような反応をしてしまう人もいらっしゃいますが、

 

その反応自体が、どこからやってきて、どこで根ざしたモノなのか、

 

辿ってみるのも発見があるように思います。

 

 

 

この秋、銀河のマヤの波に、アナタも乗ってみて下さいね。

 

 

 

 

 

タイミングを決めるのは、他でもない、

 

ご自身です!

 

 

 

是非、ご一緒にしましょう!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

KIN223「2(月)青い夜ー白い風」
 

【銀河の音2】

  ・白黒ハッキリさせる

  ・二極の力が働く

 

【青い夜】

  ・予想外と思えることも次につながる手がかりになる

  ・これから取り組むべきことが示唆される

 

 

【白い風】

  ・本来の「自分」が強く出る

  ・目に見えない部分に意識を向ける

 

 

2018/9/17(月・祝)KIN222〜2018/9/29(土)KIN234まで白い風のエネルギーが続きます。

「現代版マヤカレンダー2018」をお持ちの方は119ページのメッセージもご覧ください。

「現代版マヤカレンダー情報ダイアリー2018」より引用。Amazon でも販売中
※こちらに記載しております解釈は、 ホゼ・アグエイアス博士が作り出された「13の月の暦」を

基にした、あすわオリジナル解釈です。 あすわスクール生以外の方の転載やコピー不可です。

 

 

 

 

 

 


マヤの大長老さんへお見舞い金とメッセージを送ろう

 

マヤ遺跡を巡るツアーで大長老宅を訪問しよう

 

 

 

 

 

 

 

2020年プロジェクト は現在始動中!!

 

このプロジェクトは全ての方々にご参加頂けます。奮ってご参加ください。

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:お知らせ

JUGEMテーマ:今日のキーワード

 

2018.12.15 Saturday

スポンサーサイト

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
PR
【ツォルキン活用セミナーとは】
銀河のマヤツォルキンを日常生活の中でどう活かすのか?を知る事ができる、他に類を見ない正真正銘のセミナーです。日本には、マヤ暦占いや自分の感覚マヤ暦など、低層4次元とつながっている恐ろしいマヤ暦情報が蔓延しています。また13の月の暦が正統マヤ暦と思って学んでみたけれど、意味が分からなくて難しいと残念な印象を受けてしまったり、自分の感覚で見たらいいと、勘違いしてしまったりする場合もあります。とても残念な状況です。銀河のマヤツォルキンは7次元のアルクトゥルスからの宇宙情報です。それを低層4次元とつなげたり、自分の感覚で適当に判断してしまうことは、人類の意識進化の可能性を止めてしまう、ヌースフィアとは逆行する行為です。他では知ることのできない、ツォルキンに生きれるようにお伝えします。
【マヤ鑑定(R)とは】
【マヤ鑑定(R)は、あすわの商標登録です】 ツォルキンから読み解ける、あなた自身の魂が目指そうとしている今世の役割、関わりを知りたい人との関係性をお伝えします。今、何が必要か?今、ご自分はどんな状況の中いるのか?これから先にどのように進もうとしているのか?が判ることで、人は現状から一歩前に踏み出すことができます。日々を意識的に生きることの大切さを実感できるセッションです。※鑑定を受けられる方の実際にお生まれになった生年月日が必要です。
【マヤ鑑定(R)、セミナー日程】
日程や料金の詳細は、ホームページ⇒「てんこのマヤページ」で検索頂けます。下記のLINKSからもご覧頂けます。
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM