<< 新しい260日に〜明日は神戸講座〜 | main | 大分講座までカウントダウン! >>
2018.10.29 Monday

満員御礼の神戸講座☆

 

本日2018年10月29日は、
現代版マヤカレンダーでは、

 

KIN4「4(自己存在)黄色い種ー赤い竜」
 

【銀河の音4】

  ・我が身を振り返る

  ・測定の力が働く

 

 

【黄色い種】

  ・想いもよらぬ発見

  ・未来を見越した展開

 

 

【赤い竜】

  ・現実面における気づき

  ・現実が大きく動き出す

 

 

2018/10/26(金)KIN1〜2018/11/7(水)KIN13まで赤い竜のエネルギーが続きます。

「現代版マヤカレンダー2018」をお持ちの方は127ページのメッセージもご覧ください。

「現代版マヤカレンダー情報ダイアリー2018」より引用。Amazon でも販売中
※こちらに記載しております解釈は、 ホゼ・アグエイアス博士が作り出された「13の月の暦」を

基にした、あすわオリジナル解釈です。 あすわスクール生以外の方の転載やコピー不可です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

KIN2は東京に続いて、銀河のマヤ特別講座2018 神戸講座 でした

 

天気も良し!で、会場も三宮駅から直結の地下街を通って、ここ!

 

 

 

 

神戸国際会館は、各線・三ノ宮駅から直通で行けて、交通至便なところでした。

 

12月の追加講座も同じ会場ですので、これなら遠方から来られたの方迷うことなく安心♪

 

 

 

 

 

開始時間10分前から、殆どの方が着席。

 

宇宙情報への期待が高まっている雰囲気がバシバシ!

 

 

 

 

 

 

 

今回は、ガッツリと二列目に座っての受講。

 

13日前に東京講座を受講しましたが、受付を担当していたこともあって、

 

意識が集中できなかった部分もあったかもな、と途中気付きながら、

 

今回しか聞けない言葉をしっかり受け取りながら、ペンを走らせました。

 

 

 

 

情報の多い現代、ちゃんとした、正しい情報なのか?と

 

見極める必要があると、常々思います。この事にも触れていました。

 

よく聞かれる、耳に残る情報の中には、その後ろにある意図を知らないと

 

妙なところに振動接続してしまいますから。

 

 

 

 

 

ツォルキンは、銀河の中心からの振動を具現化したもので、

 

私達が銀河の中心を共振共鳴する為のツールです。

 

この身体を持っが故に、感知できていない領域の振動を

 

しっかり意識できるように、ホゼ博士が創り出されたもの。

 

「マヤの情報には、何かある!」

 

「マヤって本当はこんなもんじゃないでしょう?」

 

と察知して、来られた方々の会場の熱気は、半端なかったです。

 

そうなんです!

 

銀河のマヤツォルキンの宇宙情報は、奥座敷がとても広く、

 

ただ相性診断や性格判定に使われるものではありません。

 

 

 

 

 

初めて知られたマヤの入口が、簡単なマヤ情報だったとしても、

 

ちょっとカジッた程度であっても、

 

最終的に、ちゃんとしたものに出会えれば大丈夫です!!

 

 

 

 

 

銀河のマヤ特別講座2018 は、これから

 

大分、福岡、広島、神戸(追加講座)へと続きます!!

 

 

 

本当のマヤ情報に出会ってくださいね!!

 

 

 

 

 

 

 

後片付けの忙しい中、秋山先生と写真を撮って頂きました!

 

スクール生に見せる鋭く、また面白い一面もあるのですが、

 

とても芯が通った、ブレがない方です。

 

銀河のマヤツォルキンの情報を三次元に展開、通訳されるのは、この方しかいません。

 

秋山先生の個人セッションの予定はこちら⇒ http://asuwa.info/CCP009.html

 

 

 

 

 

 

そして大活躍の

 

 

 

 

今回の神戸講座を、あすわと共同主催した桑田くーこさん と 受付の廣田郁子さん

 

お疲さまでした!終始明るい声が続いた、受付周辺でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

2020年にアレハンドロ大長老を日本にお招きする、2020年プロジェクト 

 

に向けて、これから発表される次の企画も、お楽しみに!!

 

あすわは、これからも、どんどん進化していきますよ!

 

 

 

 

 


マヤの大長老さんへお見舞い金とメッセージを送ろう  ※現在募集中!

 

アレハンドロ大長老のお見舞い金と、メッセージカードは、


11月20日(KIN26)までに到着分までの受付です。

 

 

 

 

 

 

今回のご協力頂くお見舞い金プロジェクトは、

 

一律(一家族)5200円の他、スペイン語の一言メッセージを添えての受付。

 

 

 

 

私も先日、大長老へのカードをあすわに提出してきました!!

 

大長老はマヤ語(キチェ語など)と、スペイン語を使われ、

 

2017年に届けた時は、一通一通、丁寧に読んで下さってました!

 

詳細記事はこちら⇒ https://ameblo.jp/souiukotonanone/entry-12260054296.html

 

 

 

 

 

今は、翻訳サイト、初心者向けのスペイン語本もたくさんあるので、

 

トライしてくださいね。どうぞ宜しくお願いします!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:今日のキーワード

JUGEMテーマ:日記・一般

 

2018.11.10 Saturday

スポンサーサイト

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
PR
【ツォルキン活用セミナーとは】
銀河のマヤツォルキンを日常生活の中でどう活かすのか?を知る事ができる、他に類を見ない正真正銘のセミナーです。日本には、マヤ暦占いや自分の感覚マヤ暦など、低層4次元とつながっている恐ろしいマヤ暦情報が蔓延しています。また13の月の暦が正統マヤ暦と思って学んでみたけれど、意味が分からなくて難しいと残念な印象を受けてしまったり、自分の感覚で見たらいいと、勘違いしてしまったりする場合もあります。とても残念な状況です。銀河のマヤツォルキンは7次元のアルクトゥルスからの宇宙情報です。それを低層4次元とつなげたり、自分の感覚で適当に判断してしまうことは、人類の意識進化の可能性を止めてしまう、ヌースフィアとは逆行する行為です。他では知ることのできない、ツォルキンに生きれるようにお伝えします。
【マヤ鑑定(R)とは】
【マヤ鑑定(R)は、あすわの商標登録です】 ツォルキンから読み解ける、あなた自身の魂が目指そうとしている今世の役割、関わりを知りたい人との関係性をお伝えします。今、何が必要か?今、ご自分はどんな状況の中いるのか?これから先にどのように進もうとしているのか?が判ることで、人は現状から一歩前に踏み出すことができます。日々を意識的に生きることの大切さを実感できるセッションです。※鑑定を受けられる方の実際にお生まれになった生年月日が必要です。
【マヤ鑑定(R)、セミナー日程】
日程や料金の詳細は、ホームページ⇒「てんこのマヤページ」で検索頂けます。下記のLINKSからもご覧頂けます。
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM