<< 年始から、東京で銀河のマヤの風が吹く | main | 古代マヤ暦カレンダーとの活用 >>
2018.12.25 Tuesday

2019年1月よりセッションメニューが変わります

 

皆さん、おはようございます。

 

マヤ個人セッションに関して大切なお知らせです。

 

 

 

 

この3年ほど、秋山先生より直々に、

 

最前線、最高峰のカレンダーリーダークラスのレクチャーを

 

継続して受ける機会に恵まれ、学び続けています。

 

まだまだ発展途上ながら、

 

ツォルキンの深い奥座敷の一端に触れることができ、

 

今以上に、より精度の高いセッションをしていきたい!という強い想いでいます。

 

 

 

 

ツォルキンから読み解ける内容は、同じ情報を発信していても、

 

伝える側の理解度、波形によって

 

違うところにアクセスしてしまうことがあるので、

 

気を引き締めながら、日々この活動に励んでいて、

 

 

 

 

今回、最前線で最高峰レクチャーを受け、

 

充実した情報を知り、学び進む中で、

 

あすわマヤ鑑定(R)個人セッションにおける、次の段階へ進み、

 

ブラッシュアップした情報の発信に向けて、

 

これまでのセッションメニューの改定することにしました。

 

 

 

 

 

2019年1月16日を持ちまして、セッションメニューの内容が変わります。

 

料金はこれまでと変わりありません。

 

詳細は、私のホームページ

 

てんこのマヤページの メニュー よりご覧頂けます。

 

 

 

 

 

2019年1月15日迄のご予約に関しては、

 

現在のセッションメニューでご予約できます。

 

どうぞ宜しくお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本日2018年12月25日は、
現代版マヤカレンダーでは、

 

KIN61「9(太陽)赤い竜ー赤い空歩く人」
 

【銀河の音9】

  ・状況が一定のピークを迎える

  ・次への大きな展開を示唆する力が働く

 

 

【赤い竜】

  ・現象面における気づき

  ・現実が大きく動き出す

 

 

【赤い空歩く人】

  ・飛躍のヒントを得る

  ・現状から1段階レベルアップを促される

 

 

 

2018/12/17(月)KIN53〜2018/12/29(土)KIN65まで赤い空歩く人のエネルギーが続きます。

「現代版マヤカレンダー2018」をお持ちの方は143ページのメッセージもご覧ください。

「現代版マヤカレンダー情報ダイアリー2018」より引用。Amazon でも販売中
※こちらに記載しております解釈は、 ホゼ・アグエイアス博士が作り出された「13の月の暦」を

基にした、あすわオリジナル解釈です。 あすわスクール生以外の方の転載やコピー不可です。

 

 

 

 

 

 

 

 

「古代マヤ暦卓上カレンダー2019」

 

マヤ文明の末裔の正統血統キチェ・マヤ第13代最高位神官
アレハンドロ・シリロ・ペレス・オシュラ大長老による全面監修
いまだかつて前例のない、正真正銘の古代マヤ暦のカレンダーです。

 

 

こちらの売上金は、2020年10月に予定している

アレハンドロ大長老さん来日プロジェクトのために使わせていただきます。

 

 

 

 

 

 

 あすわうさとの服展 

 

2019年1月12日(土)〜14日(月・祝)

10時〜18時 (最終日のみ17時まで)入場料無料
開催場所:あすわ(大阪上本町)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

寒さが増しているようです。

 

街中のクリスマス風景も目で楽しみながら、

 

「赤い空歩く人」の周期を、しっかり意識して、堪能していきます。

 

 

 

 

 

今日も素敵な一日を!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:お知らせ

JUGEMテーマ:今日のキーワード

 

2019.03.26 Tuesday

スポンサーサイト

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
PR
【ツォルキン活用セミナーとは】
銀河のマヤツォルキンを日常生活の中でどう活かすのか?を知る事ができる、他に類を見ない正真正銘のセミナーです。日本には、マヤ暦占いや自分の感覚マヤ暦など、低層4次元とつながっている恐ろしいマヤ暦情報が蔓延しています。また13の月の暦が正統マヤ暦と思って学んでみたけれど、意味が分からなくて難しいと残念な印象を受けてしまったり、自分の感覚で見たらいいと、勘違いしてしまったりする場合もあります。とても残念な状況です。銀河のマヤツォルキンは7次元のアルクトゥルスからの宇宙情報です。それを低層4次元とつなげたり、自分の感覚で適当に判断してしまうことは、人類の意識進化の可能性を止めてしまう、ヌースフィアとは逆行する行為です。他では知ることのできない、ツォルキンに生きれるようにお伝えします。
【マヤ鑑定(R)とは】
【マヤ鑑定(R)は、あすわの商標登録です】 ツォルキンから読み解ける、あなた自身の魂が目指そうとしている今世の役割、関わりを知りたい人との関係性をお伝えします。今、何が必要か?今、ご自分はどんな状況の中いるのか?これから先にどのように進もうとしているのか?が判ることで、人は現状から一歩前に踏み出すことができます。日々を意識的に生きることの大切さを実感できるセッションです。※鑑定を受けられる方の実際にお生まれになった生年月日が必要です。
【マヤ鑑定(R)、セミナー日程】
日程や料金の詳細は、ホームページ⇒「てんこのマヤページ」で検索頂けます。下記のLINKSからもご覧頂けます。
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM