<< 古代マヤ暦カレンダーとの活用 | main | ご協力が続々と〜明日から新たな13日間〜 >>
2018.12.28 Friday

冬休みに入りました

 

 

本日2018年12月28日は、
現代版マヤカレンダーでは、

 

KIN64「12(水晶)黄色い種ー赤い空歩く人」
 

【銀河の音12】

  ・音1が成就する

  ・集大成の力が働く

 

 

【黄色い種】

  ・思いもよらぬ発見

  ・未来を見越した展開

 

 

【赤い空歩く人】

  ・飛躍のヒントを得る

  ・現状から1段階レベルアップを促される

 

 

 

2018/12/17(月)KIN53〜2018/12/29(土)KIN65まで赤い空歩く人のエネルギーが続きます。

「現代版マヤカレンダー2018」をお持ちの方は143ページのメッセージもご覧ください。

「現代版マヤカレンダー情報ダイアリー2018」より引用。Amazon でも販売中
※こちらに記載しております解釈は、 ホゼ・アグエイアス博士が作り出された「13の月の暦」を

基にした、あすわオリジナル解釈です。 あすわスクール生以外の方の転載やコピー不可です。

 

 

 

 

 

 

 

 

2018年も残り僅かで、2019年へ移行する頃ですが、

 

年追うごとに、年末感が薄れるどころか、

 

無いに等しい感覚があって、

 

冬はクリスマスに始まり、街中では、

 

銀行なり、挨拶周りなど、師走ならではの様子を見て

 

一歩引いた感じで関われるようになっています。

 

 

 

 

 

意識している暦が、西暦では無いこともあって、

 

西暦(グレゴリオ暦)のサイクルも便利に使わせて頂きながら、

 

心や意識は、ツォルキンに向けて生活をする!

 

これ、ですね。これ、最高ですね。

 

 

 

 

 

 

大多数の人が当たり前として使っている、

 

毎月日数が違う、デコボコした暦は、実は不自然なもの。

 

地球自体の振動数も上がっている、ヌースフィアの時代に、

 

ご一緒している私達が、ズレた西暦のテンポでや波長でいるのは、

 

もう、無理が出てくる時に来ています。

 

 

 

 

 

 

 

あすわのマヤカレンダー(ダイアリー、壁掛け型、卓上型)は、

 

西暦とツォルキンを同時に意識できるように創られています。

 

こういった手帳やカレンダーは今では色々出ていますが、中身が全く違います。

 

うるう年のカウントを自己流で変えているところ、

 

マヤではなく別の占術を進めようとするところ、

 

意図的に分かりにくくぼやけさせているところ、

 

きっと見れば分かりますから、アンテナをピン!と張って、

 

真実のマヤ情報と繋がって下さいね!

 

 

 

 

 

 

 

 あすわうさとの服展 

 

2019年1月12日(土)〜14日(月・祝)

10時〜18時 (最終日のみ17時まで)入場料無料
開催場所:あすわ(大阪上本町)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日から冬休みを頂いています。

 

年始は、1/5の石川県加賀市で開催される「ココロキレイフェスタ」にて

 

皆様をお待ちしています。

 

1/16から、セッションメニューの変更することもあるので、

 

ある意味でベストタイミングの状況なのです。

 

 

 

 

 

 

 

それでは、また☆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:日常

JUGEMテーマ:日記・一般

JUGEMテーマ:今日のキーワード

2019.03.26 Tuesday

スポンサーサイト

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
PR
【ツォルキン活用セミナーとは】
銀河のマヤツォルキンを日常生活の中でどう活かすのか?を知る事ができる、他に類を見ない正真正銘のセミナーです。日本には、マヤ暦占いや自分の感覚マヤ暦など、低層4次元とつながっている恐ろしいマヤ暦情報が蔓延しています。また13の月の暦が正統マヤ暦と思って学んでみたけれど、意味が分からなくて難しいと残念な印象を受けてしまったり、自分の感覚で見たらいいと、勘違いしてしまったりする場合もあります。とても残念な状況です。銀河のマヤツォルキンは7次元のアルクトゥルスからの宇宙情報です。それを低層4次元とつなげたり、自分の感覚で適当に判断してしまうことは、人類の意識進化の可能性を止めてしまう、ヌースフィアとは逆行する行為です。他では知ることのできない、ツォルキンに生きれるようにお伝えします。
【マヤ鑑定(R)とは】
【マヤ鑑定(R)は、あすわの商標登録です】 ツォルキンから読み解ける、あなた自身の魂が目指そうとしている今世の役割、関わりを知りたい人との関係性をお伝えします。今、何が必要か?今、ご自分はどんな状況の中いるのか?これから先にどのように進もうとしているのか?が判ることで、人は現状から一歩前に踏み出すことができます。日々を意識的に生きることの大切さを実感できるセッションです。※鑑定を受けられる方の実際にお生まれになった生年月日が必要です。
【マヤ鑑定(R)、セミナー日程】
日程や料金の詳細は、ホームページ⇒「てんこのマヤページ」で検索頂けます。下記のLINKSからもご覧頂けます。
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM