<< 青い猿の周期4日目、週末は和歌山イベントです! | main | 明日から「黄色い種」の周期へ >>
2019.03.13 Wednesday

ツォルキン活用セミナー導入編【4月〜5月】

 

皆さん、こんばんは。

 

今日は、強い風が吹く大阪でした。

 

14時頃には強めの地震もあったので、

 

風で揺れ、地震でも揺れ始めた時は、

 

昨年9月の台風21号が、思い出される体感が頭をよぎりました。

 

短い時間の揺れで、本当によかったです。

 

 

 

 

 

 

さて、今夜は

 

4月〜5月に募集している「ツォルキン活用セミナー導入編」のお知らせです☆

 

 

 

マヤカレンダーって面白そう!でも、どこで学べば良いのかな?と思っていた方、

 

どうぞ、お越ください。

 

 

 

 

260日暦カレンダーを使うコツ、活かし方などについて。

 

カレンダーが私達の生活に与える影響そのものについてなど、

 

背景にあることについても、知ることができますよ〜。

 

あすわオリジナルテキストを使って、学ぶことができます。

 

ツォルキンを日常生活に役立てたい方、これからマヤを知ろうとされる方、

 

マヤカレンダーを使うと何が変わるの?などなど!気になっていた方は、是非どうぞ!!

 

 

 

 

 

新銀河時代を波乗りするツォルキン活用セミナー 導入編】

 

「銀河のマヤ ツォルキン」を日常生活の中でどう活かすのか?を
知ることができる、他に類を見ない正真正銘のセミナーです。
今や、日本のスピリチュアル業界には、マヤ暦占いやマヤ暦占星術、
更には自分の感覚マヤ暦など、「マヤ暦情報」が溢れています。
また13の月の暦で学んでみたけど、意味が分からなくて「難しい」という
印象を受けてしまったり「自分の感覚で見たらいいんだ〜」と勘違いし、
解釈してしまうという、とても残念な状況でカオスと化しています。
「銀河のマヤ ツォルキン」は7次元のアルクトゥルスからの宇宙情報です。
にもかかわらず、ヌースフィアとは逆行する見方、使い方ばかりが広まっています。
他では知ることのできない、皆さんが、ツォルキンに生きれるように導き、
お伝えしています。「銀河のマヤ ツォルキン」を、楽しく日常生活に
活かしたい方は、是非お越し下さい。

 

 

 

 

【講座内容(予定)】

◆銀河のマヤとは?

◆あなたのパスワードIDを知ろう。

◆12:60から13:20に意識を変えるとは?

◆あなたが地球に存在する意味は?

◆シンクロニシティの本義。

◆ツォルキンを意識するって何をする?

 

 

【募集日程】

赤い宇宙の月の年(2018年7月26日〜2019年7月24日)

 

赤い宇宙の月の年 惑星の月5日 2019年4月8日(月)  募集中

赤い宇宙の月の年 スペクトルの月19日 2019年5月20日(月)  募集中 

 

 

 

【時間】

12時〜17時(途中休憩あり)

 

【場所】

大阪市平野区内(最寄駅:JR大和路線、平野駅)

 

 

【受講料】

6000円(再受講3000円)

※別途、オリジナルテキスト代2600円が必要になります

(ステップ1以降も、必要なテキストです)

 

※最少催行人数に達しない場合は延期もしくは中止になることがあります。

 (延期、中止の場合は事前にお知らせします)

 

 

 

〜お申込み〜

メール:tenkomaya243@yahoo.co.jp  

電話:090-8656-1241(番号通知でお願いします) まで 

 

※ご予約時、お名前、生年月日をお知らせ下さい。

※4日経過後も返事がない場合は一度お電話下さい。携帯メールの場合、パソコンからの

メール受信を制限されている場合があります。受信出来るように設定の方をお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

お申込み、お待ちしていますね!!

 

 

 

 

 

 

 

 

本日2019年3月13日は、
現代版マヤカレンダーでは、

 

KIN139「9(太陽)青い嵐ー青い猿」
 

【銀河の音9】

  ・状況が一定のピークを迎える

  ・次への大きな展開を示唆する力が働く

 

【青い嵐】

  ・本来あるべき状況へと動く

  ・強い軌道修正

 

【青い猿】

  ・目の前の出来事に一喜一憂しない

  ・個々の質的な部分を問われる

 

 

2019/3/5(火)KIN131〜2019/3/17(日)KIN143まで青い猿のエネルギーが続きます。

「現代版マヤカレンダー2019」をお持ちの方は67ページのメッセージもご覧ください。

「現代版マヤカレンダー情報ダイアリー2019」より引用。Amazon でも販売中
※こちらに記載しております解釈は、 ホゼ・アグエイアス博士が作り出された「13の月の暦」を

基にした、あすわオリジナル解釈です。 あすわスクール生以外の方の転載やコピー不可です。

 

 

 

 

 

 

 

 

現代版マヤカレンダー情報ダイアリー2019

 

あすわオリジナルのマヤダイアリーです。

2012年より毎年発売し、今年で8冊目。

皆様の声を取り入れて、全面リニューアルしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

銀河のマヤを推奨する、あすわよりプロトタイプとして登場!!

 

「古代マヤ暦卓上カレンダー2019」 

 

マヤ文明の末裔の正統血統キチェ・マヤ第13代最高位神官
アレハンドロ・シリロ・ペレス・オシュラ大長老による全面監修の

古代マヤカレンダーは世界初!

 

 

 

こちらの売上金は、2020年に予定している

アレハンドロ大長老さん来日プロジェクト」のために使わせていただきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:今日のキーワード

JUGEMテーマ:お知らせ

 

2019.03.26 Tuesday

スポンサーサイト

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
PR
【ツォルキン活用セミナーとは】
銀河のマヤツォルキンを日常生活の中でどう活かすのか?を知る事ができる、他に類を見ない正真正銘のセミナーです。日本には、マヤ暦占いや自分の感覚マヤ暦など、低層4次元とつながっている恐ろしいマヤ暦情報が蔓延しています。また13の月の暦が正統マヤ暦と思って学んでみたけれど、意味が分からなくて難しいと残念な印象を受けてしまったり、自分の感覚で見たらいいと、勘違いしてしまったりする場合もあります。とても残念な状況です。銀河のマヤツォルキンは7次元のアルクトゥルスからの宇宙情報です。それを低層4次元とつなげたり、自分の感覚で適当に判断してしまうことは、人類の意識進化の可能性を止めてしまう、ヌースフィアとは逆行する行為です。他では知ることのできない、ツォルキンに生きれるようにお伝えします。
【マヤ鑑定(R)とは】
【マヤ鑑定(R)は、あすわの商標登録です】 ツォルキンから読み解ける、あなた自身の魂が目指そうとしている今世の役割、関わりを知りたい人との関係性をお伝えします。今、何が必要か?今、ご自分はどんな状況の中いるのか?これから先にどのように進もうとしているのか?が判ることで、人は現状から一歩前に踏み出すことができます。日々を意識的に生きることの大切さを実感できるセッションです。※鑑定を受けられる方の実際にお生まれになった生年月日が必要です。
【マヤ鑑定(R)、セミナー日程】
日程や料金の詳細は、ホームページ⇒「てんこのマヤページ」で検索頂けます。下記のLINKSからもご覧頂けます。
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM