<< 本気の勉強会 | main | 「13対20」の状態になり生きること >>
2020.07.27 Monday

青い月の嵐の年に入りました

 

 

新しい年がスタートしましたよ!

 

毎年西暦7/26は、銀河のマヤの太陽暦である

 

サーティーンムーンカレンダー(13の月の暦)の新しい年の

 

初日に当たり、

 

この新しい太陽暦の1日の日に、年に一度の

 

カレンダーリーダーの集いが開催されました。

 

 

 

 

 

 

ホワイトボートには『!!あけましておめでとうございます!!』の文字。

 

 

 

 

今回は、とてもとても大切な発表が秋山先生からありました。

 

2020年10月10日の大講演会について、

 

今、確定していることについても

 

お話がありました。

 

 

 

 

コロナの影響でグアテマラでは現在、国境閉鎖措置をとり、

 

空港機能はほぼストップ。

 

あちらの日常生活には、今も外出制限があり、

 

日本以上にハードな情勢で、

 

買い物しようにも店頭は品薄状態が継続してるそうです。

 

 

 

 

長老方は皆さんお元気でいらっしゃり、

 

近況が分かりホッとしました。

 

 

 

 

10月10日の大講演会は、正式にどのような形で開催となるのか

 

まだ正式発表はまだですが、

 

銀河のマヤのメッセンジャー・秋山先生から

 

重要なメッセージの発信はありますので、発表までお待ち下さい。

 

 

 

 

13対20の状態に我々がなること、

 

超えるべきラインを明確にして下さったり、

 

カレンダーリーダーの活動報告もあったり、と

 

あっという間の6時間でした🎵

 

 

 

 

カレンダーリーダーの皆さん、また会いましょうね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2020年7月27日は、

現代版マヤカレンダーでは、

 

KIN120「3(電気)黄色い太陽ー白い鏡」
 

【銀河の音3】

  ・価値観の転換

  ・あらゆる要素がつながる力が働く

 

【黄色い太陽】

  ・次に何をすればいいのか?が見えて来る

  ・それまでの状況が明確になる

 

【白い鏡】

  ・自分自身の進むべき方向性を知る

  ・過去を振り返ることで現実のヒントがそこにある

 

 

2020/7/25(土)KIN118〜2020/8/6(木)KIN130まで「白い鏡」のエネルギーが続きます。

「現代版マヤカレンダー2020」をお持ちの方は105ページのメッセージもご覧ください。

「現代版マヤカレンダー情報ダイアリー2020」より引用。Amazon でも販売中
 ※こちらに記載しております解釈は、 ホゼ・アグエイアス博士が作り出された「13の月の暦」を

基にした、あすわオリジナル解釈です。 あすわスクール生以外の方の転載やコピー不可です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、

 

カレンダーリーダーの、ななるなさんが

 

新しい年に入った昨日年賀状代わりに

 

昨年秋に行った、メソアメリカ打合せの旅の写真を

 

わざわざプリントしてくれました💃

 

 

 

 

 

うはははは😁 いつの間に撮られたんだろう(^^;

 

グアテマラのパカヤ火山登頂の時に、

 

ご機嫌な様子の私 con MaeSan!

 

今は海外渡航は難しいけど、またいつか!です。

 

 

 

★関連記事★

↓↓

メソアメリカの旅2019〜最終ミッションまで駆け抜けろ!〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関西は、梅雨明け間近です👍

 

今日も素敵な1日をお過ごし下さい。

 

   

 

 

 

 

JUGEMテーマ:日記・一般

JUGEMテーマ:今日のキーワード

 

2020.08.07 Friday

スポンサーサイト

コメント
コメントする








 
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
PR
【ツォルキン活用セミナーとは】
銀河のマヤツォルキンを日常生活の中でどう活かすのか?を知る事ができる、他に類を見ない正真正銘のセミナーです。日本には、マヤ暦占いや自分の感覚マヤ暦など、低層4次元とつながっている恐ろしいマヤ暦情報が蔓延しています。また13の月の暦が正統マヤ暦と思って学んでみたけれど、意味が分からなくて難しいと残念な印象を受けてしまったり、自分の感覚で見たらいいと、勘違いしてしまったりする場合もあります。とても残念な状況です。銀河のマヤツォルキンは7次元のアルクトゥルスからの宇宙情報です。それを低層4次元とつなげたり、自分の感覚で適当に判断してしまうことは、人類の意識進化の可能性を止めてしまう、ヌースフィアとは逆行する行為です。他では知ることのできない、ツォルキンに生きれるようにお伝えします。
【マヤ鑑定(R)とは】
【マヤ鑑定(R)は、あすわの商標登録です】 ツォルキンから読み解ける、あなた自身の魂が目指そうとしている今世の役割、関わりを知りたい人との関係性をお伝えします。今、何が必要か?今、ご自分はどんな状況の中いるのか?これから先にどのように進もうとしているのか?が判ることで、人は現状から一歩前に踏み出すことができます。日々を意識的に生きることの大切さを実感できるセッションです。※鑑定を受けられる方の実際にお生まれになった生年月日が必要です。
【マヤ鑑定(R)、セミナー日程】
日程や料金の詳細は、ホームページ⇒「てんこのマヤページ」で検索頂けます。下記のLINKSからもご覧頂けます。
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM