<< 青い月の嵐の年に入りました | main | 真空調波二日目 >>
2020.08.02 Sunday

「13対20」の状態になり生きること

 

 

2020年8月2日は、

現代版マヤカレンダーでは、

 

KIN126「9(太陽)白い世界の橋渡しー白い鏡」
 

【銀河の音9】

  ・状況が一定のピークを迎える

  ・次への大きな展開を示唆する力が働く

 

【白い世界の橋渡し】

  ・価値観の転換

  ・人との関わりの中での大きな収穫

 

【白い鏡】

  ・自分自身の進むべき方向性を知る

  ・過去を振り返ることで現実のヒントがそこにある

 

 

2020/7/25(土)KIN118〜2020/8/6(木)KIN130まで「白い鏡」のエネルギーが続きます。

「現代版マヤカレンダー2020」をお持ちの方は105ページのメッセージもご覧ください。

「現代版マヤカレンダー情報ダイアリー2020」より引用。Amazon でも販売中
 ※こちらに記載しております解釈は、 ホゼ・アグエイアス博士が作り出された「13の月の暦」を

基にした、あすわオリジナル解釈です。 あすわスクール生以外の方の転載やコピー不可です。

 

 

 

 

 

 

梅雨が明けたかと思えば、カンカン照りに☀

 

一気に服のルーティンが変わってしまった西田です。

 

皆さんお元気ですか。

 

 

 

 

 

早いもので、ツォルキンでは今日は

 

「白い鏡」の13日間で9日目に❗

 

 

 

 

 

今日は質問もあったので、そこに触れて書いていきます。

 

 

 

前回のブログ「青い月の嵐の年に入りました」で書いた、

 

新しい年とは、365日の太陽暦のことです。

 

「青い月の嵐の年」というのは

 

サーティーンムーンカレンダー(13の月の暦)の、

 

年の呼び方になります。

 

 

 

 

 

太陽系に住む私たちは、

 

太陽の振動の影響を受けて生きているので、

 

この周期はもちろん大切です。

 

しかしながら、今の地球で世界的に使われている西暦は、  

 

一年を通して365日でカウントされますが、

 

毎月が不規則な日数で進み「12対60」の不規則なリズムで

 

構成されているので、これでは、銀河的な波長には乗れない。

 

 

 

 

365日周期を意識するにしても、

 

2013年7月26日から新銀河時代(ヌースフィアの時代)に合った、

 

新しい太陽暦を使うのがベスト。

 

 

 

 

サーティーンムーンカレンダーは、今から30年前に

 

銀河の父、ホゼ・アグエイアス博士がつくり出された、

 

とんでもなく素晴らしい贈り物で、新銀河時代の太陽暦です。

 

 

 

 

 

 

この中に、要というべき、

 

ツォルキン(260日暦)が、組み込まれています。

 

 

 

 

 

 

 

 

横に13、縦に20、全部で260パターンで構成され、

 

「銀河のマヤ」ツォルキンは260日周期で、

 

銀河の基本比率の「13対20」の規則的なリズムで進み、

 

多くのエネルギーや波長が複合的に重なりあっていて、

 

とても奥深いものです。

 

 

 

 

 

 

銀河万能計時測テンプレートとも呼ばれる、銀河のマヤツォルキン。

 

このカレンダー(暦)を普段から気にして使っていくと、

 

私たちの無意識の部分にも働きかけてくれますから、

 

意識のベースが変わっていく。

 

意識が変わっていくと、

 

見えて来るモノ、感じるモノが変わる。

 

 

 

 

今、世界で起こっていること、

 

グルグルと解決しないまま繰り返される事象、

 

想いがあるのに、なかなか良くならない理由は、

 

人々が無意識に向けている波長が、

 

本来、向かうべき方向とは違っていることがあげられます。

 

 

 

 

「こういうものだ」とか「普通」だと

 

思い込んでいたことから、意識を外してこと、

 

色々と出口が見えてくる。

 

 

 

 

この挑戦とも呼べる、

 

皆が「13対20」の状態になって生きることを、

 

地球人全員でやっていくと、もの凄いことが起こります。

 

 

 

 

この8月には、大きな振動の変化がやってきます。

 

これからこそ❗

 

「13対20」の状態に生きるタイミングです。

 

ご一緒するメンバー募集しています💕

 

 

 

 

 

 

何の資格もいりません。

 

謙虚に学び知り、実践していくだけです!

 

 

 

あすわから、実践的に取り組む発信がされています。

 

これから新たな取り組みも始まりますので、お楽しみに❗

 

 

 

 

 

銀河のマヤ活用術DVD

 

 

アルクトゥルス最新宇宙情報特別講座

 

 


「銀河の音とギャラクティツクシャーマンへの道 第1弾」

 

 

 

「銀河の音とギャラクティツクシャーマンへの道 第2弾」

 

 

 

 

 

 

 

銀河のマヤのHP

 

銀河のマヤのブログ(あすわ秋山先生のブログ)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日も素敵な1日をお過ごし下さい😉

 

 

 

 

🌱🌱🌱🌱🌱🌱🌱🌱🌱🌱🌱🌱🌱🌱🌱🌱🌱🌱🌱🌱🌱

 

私、西田のマヤセミナー、マヤ個人セッションの

ご予約・お問い合わせ

 

てんこのマヤページ…http://tenko-maya.com/

メール…tenkomaya243@yahoo.co.jp  

 

🌱🌱🌱🌱🌱🌱🌱🌱🌱🌱🌱🌱🌱🌱🌱🌱🌱🌱🌱🌱🌱

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:今日のキーワード

JUGEMテーマ:日記・一般

 

2020.08.07 Friday

スポンサーサイト

コメント
コメントする








 
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
PR
【ツォルキン活用セミナーとは】
銀河のマヤツォルキンを日常生活の中でどう活かすのか?を知る事ができる、他に類を見ない正真正銘のセミナーです。日本には、マヤ暦占いや自分の感覚マヤ暦など、低層4次元とつながっている恐ろしいマヤ暦情報が蔓延しています。また13の月の暦が正統マヤ暦と思って学んでみたけれど、意味が分からなくて難しいと残念な印象を受けてしまったり、自分の感覚で見たらいいと、勘違いしてしまったりする場合もあります。とても残念な状況です。銀河のマヤツォルキンは7次元のアルクトゥルスからの宇宙情報です。それを低層4次元とつなげたり、自分の感覚で適当に判断してしまうことは、人類の意識進化の可能性を止めてしまう、ヌースフィアとは逆行する行為です。他では知ることのできない、ツォルキンに生きれるようにお伝えします。
【マヤ鑑定(R)とは】
【マヤ鑑定(R)は、あすわの商標登録です】 ツォルキンから読み解ける、あなた自身の魂が目指そうとしている今世の役割、関わりを知りたい人との関係性をお伝えします。今、何が必要か?今、ご自分はどんな状況の中いるのか?これから先にどのように進もうとしているのか?が判ることで、人は現状から一歩前に踏み出すことができます。日々を意識的に生きることの大切さを実感できるセッションです。※鑑定を受けられる方の実際にお生まれになった生年月日が必要です。
【マヤ鑑定(R)、セミナー日程】
日程や料金の詳細は、ホームページ⇒「てんこのマヤページ」で検索頂けます。下記のLINKSからもご覧頂けます。
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM