<< 赤い地球の初日は、個人セッションからスタート | main | 磨き上げられた講座を終え、明日は癒しスタジアム☆ >>
2020.09.09 Wednesday

終わりの始まりの大発振講演2020

 

 

皆さん、こんにちは。

 

今日は朝からエキサイティングな時間を過ごした方も

 

多かったのではないでしょうか😄

 

 

 

 

 

今日の動きと、2013年7月26日の銀河の同期ポイントとの

 

シンクロの出来事を、秋山先生が綴られています。

 

ご一読下さい🍀

 

くくりの日に銀河の同期ポイントのシンクロ

 

 

 

 

 

 

早朝5時から申込みがスタートした

 

2020年10月プロジェクトの集大成✨

 

🌹 終わりの始まりの大発振講演2020 🌹

 

 

 

秋山先生単独での発振となり、これから本格的にスタートする

 

✨新宇宙時代の段階への始まり✨といえる、

 

重要なタイミングでの講演会になります❗

 

 

 

 

40名限定の会場参加の申込みは、あっさり満席🈵に(゜ロ゜)

 

大丈夫👍 オンライン枠がありますよ❗

 

ご自身のお好きな場所で、海外からでも受講可能です🎵

 

 

 


お申込みは

 

https://www.kokuchpro.com/event/ginganomaya/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちら↓は、これまでの流れを振り返りながら、

 

楽しめる内容です。

 

初めての方にはピッタリかもしれませんね(´▽`)

 

秋山先生のお話は、毎回爆笑しながらの本気モードです(笑)

 

 


🍀 10月10日へ向けての「銀河のマヤ限定講座」 🍀
 

2020年9月19日 青い月の嵐の年 月の月28日 KIN174
 

これまでの発信をもう一度振り返りながら、

2020年10月プロジェクトとは何だったのか?

そして、これからどのような段階が訪れるのか?を発信します!!

10月10日の本講演に向けてのダイジェスト版講座となります!


 

 

※こちらの講座を申し込まれた方は、10/10の講演会は

 

 割引特典がありますよ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2020年9月9日は、

現代版マヤカレンダーでは、

 

KIN164「8(銀河)黄色い種ー赤い地球」
 

【銀河の音8】

  ・いつになく考えたり話し込んでしまったり

  ・再確認の力が働く

 

【黄色い種】

  ・思いもよらぬ発見

  ・未来を見越した展開

 

【赤い地球】

  ・自分独りで生きているわけではないということを知る

  ・目に見えない力で導かれるように現実が動く

 

 

2020/9/2(水)KIN157〜2020/9/14(月)KIN169まで「赤い地球」のエネルギーが続きます。

「現代版マヤカレンダー2020」をお持ちの方は122ページのメッセージもご覧ください。

「現代版マヤカレンダー情報ダイアリー2020」より引用。Amazon でも販売中
 ※こちらに記載しております解釈は、 ホゼ・アグエイアス博士が作り出された「13の月の暦」を

基にした、あすわオリジナル解釈です。 あすわスクール生以外の方の転載やコピー不可です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私は両会場ともオンライン参加になります🎵

 

自宅で楽しみます😉

 

 

 

 

 

今日も素敵な夜をお過ごしください🌃

 

 

 

 

🌱🌱🌱🌱🌱🌱🌱🌱🌱🌱🌱🌱🌱🌱🌱🌱🌱🌱🌱🌱🌱

 

私、西田のマヤセミナー、マヤ個人セッションの

ご予約・お問い合わせ

 

てんこのマヤページ…http://tenko-maya.com/

メール…tenkomaya243@yahoo.co.jp  

 

🌱🌱🌱🌱🌱🌱🌱🌱🌱🌱🌱🌱🌱🌱🌱🌱🌱🌱🌱🌱🌱

 

 

 

 

JUGEMテーマ:今日のキーワード

JUGEMテーマ:お知らせ

 

2020.09.21 Monday

スポンサーサイト

コメント
コメントする








 
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
PR
【ツォルキン活用セミナーとは】
銀河のマヤツォルキンを日常生活の中でどう活かすのか?を知る事ができる、他に類を見ない正真正銘のセミナーです。日本には、マヤ暦占いや自分の感覚マヤ暦など、低層4次元とつながっている恐ろしいマヤ暦情報が蔓延しています。また13の月の暦が正統マヤ暦と思って学んでみたけれど、意味が分からなくて難しいと残念な印象を受けてしまったり、自分の感覚で見たらいいと、勘違いしてしまったりする場合もあります。とても残念な状況です。銀河のマヤツォルキンは7次元のアルクトゥルスからの宇宙情報です。それを低層4次元とつなげたり、自分の感覚で適当に判断してしまうことは、人類の意識進化の可能性を止めてしまう、ヌースフィアとは逆行する行為です。他では知ることのできない、ツォルキンに生きれるようにお伝えします。
【マヤ鑑定(R)とは】
【マヤ鑑定(R)は、あすわの商標登録です】 ツォルキンから読み解ける、あなた自身の魂が目指そうとしている今世の役割、関わりを知りたい人との関係性をお伝えします。今、何が必要か?今、ご自分はどんな状況の中いるのか?これから先にどのように進もうとしているのか?が判ることで、人は現状から一歩前に踏み出すことができます。日々を意識的に生きることの大切さを実感できるセッションです。※鑑定を受けられる方の実際にお生まれになった生年月日が必要です。
【マヤ鑑定(R)、セミナー日程】
日程や料金の詳細は、ホームページ⇒「てんこのマヤページ」で検索頂けます。下記のLINKSからもご覧頂けます。
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM